1. HOME>
  2. 病院ご案内>
  3. 検査科>
  4. 検体検査

検査科

臨床検査は、患者様から採取した血液・尿・髄液などの検体を調べる『検体検査』と、心電図・脳波・超音波検査など直接患者様の体を調べる『生理機能検査』に大きく分けられます。
当院の検査科では、「安全・正確・迅速な検査」を理念として、精度の高い検査情報を迅速に臨床にお届けするために、365日24時間体制で様々な検査業務を行っています。

生化学検査

血液中に含まれる蛋白質、糖質、脂質、酵素など様々な成分の含有量を調べることで、全身の健康状態や各臓器の障害の程度を知る手がかりとなります。

<主な検査項目>
● 肝機能検査:総蛋白、AST、ALT、γ-GTP、ビリルビンなど
● 腎機能検査:尿素窒素、クレアチニン、尿酸など
● 糖尿病検査:血糖、HbA1c
● 脂質検査:中性脂肪、総コレステロール、LDL、HDL
● 電解質:ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなど

 

血液検査

血球算定

白血球・赤血球・血小板の数、ヘモグロビン濃度、白血球の種類などを測定します。

血液像

血球算定で異常がみられた場合は、血液を染色して顕微鏡で観察し、白血球や赤血球の形態異常、異常細胞(白血病細胞など)の有無などを確認します。

炎症、貧血、出血傾向などの病態把握や血液疾患の発見に役立ちます。

 

凝固・線溶検査

血液を固まらせる働き(=凝固)と一度固まった血液を溶かす働き(=線溶)を調べる検査です。
固まりやすい場合は血栓症の原因となり、固まりにくい場合は出血が起こりやすくなります。
血液を固まりにくくするお薬(ワーファリン、ヘパリンなど)を服用されている患者様は、薬の効果をみる為に重要な検査です。

また、Dダイマーという成分の増加は体のどこかに血栓ができていることを表し、血栓症の診断や重症度の判定に役立ちます。

 

免疫学的検査

感染症

肝炎ウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス、アデノウイルス、梅毒などの感染症にかかっていないか を調べます。
病原体(=抗原)が体の中に入ると、病原体を攻撃して体を守るための成分(=抗体)が作られます。
この反応を免疫反応といいます。
抗原や抗体の有無を調べることで、現在や過去の感染の状態が分かります。

薬物血中濃度

薬の効果には個人差があり、同じ容量の薬を服用しても、血液中の薬物濃度は人によって異なります。
薬の効果が得られる濃度域が狭く、中毒の副作用が出やすい薬を使用する際などは、必要に応じて血液中の薬物濃度を測定し、患者様ごとに用法・容量を調整する必要があります。
フェニトイン、バルプロ酸などの抗てんかん剤の血中濃度測定を行っています。

 

血液ガス検査

動脈血内の酸素や二酸化炭素の濃度、PHなどを調べる検査です。
肺でのガス交換や酸塩基平衡の評価に役立ちます。
呼吸不全、腎不全、過換気の状態などで異常値となります。

 

一般検査

尿検査

尿定性

試験紙を使用して、尿中の蛋白、糖、潜血、白血球などの成分を調べます。

尿沈渣

定性検査で異常がみられた場合は、尿中の有形成分(細胞、微生物、結晶など)を遠心して集め、顕微鏡で観察します。
腎疾患、糖尿病、尿路感染症、肝・胆道系疾患、尿路の悪性腫瘍など幅広く各種疾患のスクリーニングに役立ちます。
また、痛みを伴わずに繰り返し検査を行える点も尿検査のメリットです。

 

髄液検査

髄液は、脳室やクモ膜下腔を満たしている無色・透明の液体で、外圧から脳を保護したり異物を除去したりする役割があります。
蛋白・糖などの化学成分の測定や、顕微鏡で細胞の数や種類を確認します。
中枢神経の感染症(髄膜炎・脳炎)、クモ膜下出血、多発性硬化症などの診断や治療効果の判定に役立ちます。

 

輸血検査

安全に輸血を行うため、輸血前検査、血液製剤の管理、輸血後の副作用のチェックなどを行っています。

 

輸血検査

ABO式血液型とRh(D)式血液型を調べます。

 

不規則抗体検査

赤血球には、ABO式血液型やRh(D)式血液型以外にも多くの血液型が存在しています。
輸血や妊娠などで異なる血液型の赤血球が体の中に入ると、その赤血球(=抗原)と反応する抗体がつくられることがあり、不規則抗体と呼ばれます。
不規則抗体の中には副作用の原因となるものもあり、事前に不規則抗体の有無と種類を調べておくことで、安全な血液製剤を準備することができます。

 

交差適合試験

患者様の血液と輸血用の血液製剤をあらかじめ試験管内で反応させ、血液が固まったり赤血球が壊れたりしないかを確認する検査です。
不適合輸血による副作用を防止するための最終検査です。