1. HOME>
  2. 病院ご案内>
  3. 病院の特徴

病院の特徴

 

回復期リハビリテーション4西病棟のご案内

脳血管疾患や頚椎損傷、頭部外傷などの急性期治療後、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・言語聴覚士 ・管理栄養士・介護福祉士・ソーシャルワーカーなどがひとつのチームを組み、寝たきりの防止や機能の改善、家庭復帰などを目標としてリハビリを集中的に行う病棟です。(詳細の疾患については下記に記載しています)
回復期リハビリ病棟の対象は発症や手術から2ヶ月以内の患者さんとなります。
疾患名により入院期間の限度が定められています。(医療保険制度上)

 
脳外科領域においての対象疾患入院期間上限
脳血管疾患、脊髄腫瘍、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、脳症、脊髄炎などの発症または手術後2ヶ月以内150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の脊髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷の2ヶ月以内180日
外科手術、または肺炎などの治療のための安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内90日

在宅介護や療養について、また介護保険の内容、認定申請の手順からサービス利用まで、ご説明を希望される方は3F地域連携室(医療福祉、介護保険相談室)にお気軽にお声を掛けて下さい。医療相談員が対応いたします。

 
 

当院で治療した主な病気

脳の血管の病気

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血 他)・脳動脈瘤・脳動静脈奇形 など

 

脳にできる腫瘍

 

頭を強く打ったりして血腫ができたもの

硬膜下血腫 など

 

脳神経の病気

髄膜炎・三叉神経痛・顔面けいれん など

 

平成28年臨床実績

外来 24,260(うち新患10,644)
救急車受入件数 799
手術 開頭術 146
ガンマナイフ治療 256
脳血管内手術 47
手術合計 449
検査 MRI 7,061
CT 13,040
高気圧酸素療法 409
リハビリテーション 65,555