1. HOME>
  2. 看護部TOP>
  3. 委員会活動

委員会活動

病院組織の構成員として必要な「考え方・視点」を育成する。

医療安全委員会

永冨脳神経外科病院は、病院及び職員が医療安全の必要性・重要性を認識し、医療安全管理体制の確立を図り、安全な医療の遂行を徹底することを理念に患者中心の医療の提供と安全な医療を提供するために、医療従事者一人一人が事故防止対策を行うことはもちろん、病院施設全体の組織的な事故防止対策を行い、患者が安心して安全な医療を受けられるよう環境設備を整えています。

 

感染対策委員会

医療関連感染の発生を未然に防止し、発生した感染が拡大しないように制圧・終息を図ります。
毎月、ICT・ICCによる定期会議・ラウンドを行い、標準予防策を実施し、感染経路別感染対策を講じています。
また、職業感染予防として各種ワクチンの接種を推奨しています。

 

褥瘡NST委員会

当院における褥瘡とは大きさに関わらず発赤が持続して発生している場合を指し、もしくは、デザイン判定し1点以上結果が出た場合としています。
月に1度は委員会スタッフが集まって褥瘡保有・発生状況と経過、褥瘡対策に関する問題点等について検討しています。
毎月、外部で開催される創傷ケア勉強会と委員会スタッフによる勉強会を行い、褥瘡に対する知識を共有するよう努めています。
このような活動の結果、褥瘡発生率も減少しています。

 

接遇委員会

 

 

記録委員会

記録の質の向上を目標に掲げ、看護過程が充実しているか記録監査の充実を図っています。

 

教育委員会

教育目標、看護の質の維持・向上を図り、自己啓発と能力拡大に向け、社会のニーズに対応できる実践能力を養う。 教育目的職員一人一人が誰にも負けない、どこでも通用する技能を身につける。

 

業務改善委員会

看護業務に関する検討・改善を行い、安全に効率的な看護へとつなげることを目的としています。